レッスン1 下見の前に下準備!

ショップで実物を見る前の準備として、ダイヤモンドに関する基礎的な知識を頭に入れておきましょう。身に着けたいリングのイメージや用途を考えておいたり、どのくらいの予算にするかを、二人でしっかり話し合っておくことも重要です。

ダイヤモンドの基礎知識・4Cってなに?

ジュエル博士のイラスト ダイヤモンドの質を決める“4C”というキーワード、具体的になにを示しているのかご存知ですか?

4Cは、CUT(カット)、COLOR(カラー)、CLARITY(クラリティ)、CARAT(カラット)の4つの単語の頭文字から取ったもの。 これらの要素がダイヤモンドの質を判断する基準となるのです。

 

【CUT(カット)とは】

ダイヤモンドは表面をカットして研磨しなければ輝きません。 石の美しさを左右する重要な要素がカッティング技術というわけです。左右と上下がシンメトリーになっているか、仕上げがどうかなどで以下の5段階のグレードに分かれます。

  • Exellent(最高級)
  • Very Good(理想的)
  • Good(良好)
  • Fair(やや劣る)
  • Poor(劣る)

【COLOR(カラー)とは】

文字通りダイヤモンドの色のこと。アルファベットのDからZまでの23段階で評価されますが、無色透明のDが最もランクが高いと言われています。 近年はイエローやピンク、ブルーなどファンシーカラーの需要も高まっていて、あえて色の濃いダイヤを選ぶ場合もあります。

  • D・E・F(無色透明)
  • G・H・I・J(ほぼ無色)
  • K・L・M(わずかに黄色)
  • N〜R(非常に薄い黄色)
  • S〜Z(薄い黄色)

【CLARITY(クラリティ)とは】

ダイヤモンドの透明度を示す基準のこと。石の内包物や不純物、傷の大きさや量でグレードが決まります。肉眼で分からない程度であれば、それほど気にする必要はないでしょう。

  • FL(10倍の拡大検査で無傷)
  • IF(10倍の拡大検査で表面に微小な欠点)
  • VVS1・2(10倍の拡大検査で目立たない程度の内包物)
  • VS1・2(10倍の拡大検査で発見が多少困難な欠点)
  • SI1・2(10倍の拡大検査で容易に見つけられる欠点)
  • I 1〜3(肉眼で容易に発見できる欠点)

【CARAT(カラット)とは】

ダイヤモンド選びで最も気にするのはカラットです。ダイヤの大きさ=カラットだと考えている人も多いことでしょう。正確に言うと、カラットはダイヤの重さを表す単位。1カラットが0.2グラムに相当。日本人に一番人気が高いのは0.3カラット前後だと言われています。

  • 0.2カラット…重量0.04g・直径約3.5㎜
  • 0.3カラット…重量0.06g・直径約4㎜
  • 0.4カラット…重量0.08g・直径約4.5㎜
  • 0.5カラット…重量0.1g・直径約5㎜
  • 0.7カラット…重量0.14g・直径約5.5㎜
  • 1カラット…重量0.2g・直径約6㎜

婚約指輪の相場を知って自分たちの予算を考えておこう

ジュエル博士のイラスト ダイヤモンドは際限なく上質で大粒のものがありますし、4Cを極めようとするとキリがなくなってしまいます。自分たちが婚約指輪にどのくらいの予算をかけられるか、しっかりと決めておくことが最も重要。

予算を決めたらその金額を中心にして商品を見極め、それより上や下の商品はあまり見ないようにすることが、効率よくリングを選ぶコツです。 近年のアンケートによると、全国の平均的な婚約指輪の金額は33万円。ここ10年ほどは、30万円台で推移しているそうです。

欲しいリングのイメージをかためておくこと

予算の次に決めておかなければならないのは、リングのイメージや使用用途。一粒石が際立つオーソドックスデザインがいいのか、エタニティがいいのかでは、選ぶ対象が全く異なります。普段の自分の服装とマッチするものを検討したり、リングをどのような場面で身に着けたいのかを考えておくと、必要以上に迷わなくて済みます。

普段使いするか? フォーマルオンリーにするか?

結婚指輪のように毎日ずっと身に着けておきたいのか、オシャレして出かけるときだけにしたいのか、冠婚葬祭のフォーマルな席だけにしたいのか…などなど、使用用途によってマッチする婚約指輪のデザインは変わってきます。

自分とリングとのこれからの生活をイメージしておくことも大切です。普段使いにするなら、引っ掛かりやゴミが詰まったりしない凹凸の少ないデザインがピッタリ。フォーマルだけに使用したいなら立て爪のソリティアリングなどダイヤが際立つリングが良いでしょう。