「カラーストーン(色石)」で特別な婚約指輪に

婚約指輪ガイド >  ファッションから探る!あなたに似合う人気の婚約指輪デザイン >  「カラーストーン(色石)」で特別な婚約指輪に

このページでは、近年人気を集めるカラーストーンを使用した婚約指輪について、婚約指輪に使いたいカラーストーンや人気のデザインを紹介しています。

色付きリング

引用元:ショーメ公式サイト
https://www.chaumet.com/jp/high-jewellery/josephine-collection/josephine-eclat-floral-solitaire-082983-051

色石の婚約指輪とは

カラーストーン(色石)とは、ルビーやサファイア、エメラルドなど、ダイヤモンド以外のカラフルに輝く宝石を総称して呼んだものです。近年ではカラーストーンを用いた婚約指輪が大人気。個性に合わせられる豊富なカラーバリエーションとそれぞれの石に込められた特別なメッセージは、大切な人と愛を誓い合うのに最適です。「もっと個性的な婚約指輪にしたい」という方や「特別な意味を込めた婚約指輪が欲しい」という方は、カラーストーンの婚約指輪を考えてみると良いでしょう。

♥婚約指輪はなぜダイヤモンド?♥

1970年頃、大手ダイヤモンドブランドの「婚約指輪は給料の3ヶ月分」というキャッチコピーが流行り、「ダイヤモンド=婚約指輪」というイメージが定着したということもありますが、ちゃんとした理由もあります。

ダイヤモンドは宝石の中でも価値が一定しており、希少で高価。自然界でもっとも硬いため傷がつきにくく、美しい輝きはどんなに時間が経っても失われません。そのため「変わらない愛」の象徴として2人の愛を永遠にする婚約指輪に最適だとされているのです。

婚約指輪におすすめの色付宝石

婚約指輪にダイヤモンドが選ばれる理由には、一定の価値があることや長く持てる硬度の高さがあります。カラーストーンを婚約指輪にするのであれば、ダイヤモンドには劣るかもしれませんが、同じくらい希少で高価な石であり、硬度もある程度高い石を選ぶ必要があります。カラーストーンの価値に関しては、同じ宝石であっても色や色の濃淡、輝きによって価値が変わってくるため、種類だけでなく品質にも気を配りましょう。

色付き宝石1 ルビー

色付き_ルビー
引用元:ハリーウィストン公式サイト
http://www.harrywinston.com/ja/オーバル・ルビー・マイクロパヴェ・リング

ルビーは、ダイヤモンドに次ぐ硬度を持ち、品質の良いルビーであれば財産性も高いため、婚約指輪におすすめできるカラーストーンの1つです。太陽を象徴すると言われている情熱的な赤が印象的なルビーですが、同じルビーでも品質によって赤の色が大きく変わります。赤の色が濃ければ濃いほど品質が良く、光に反射するかどうかも重要です。確認ができるのであれば、購入前にしっかり確認しましょう。

色付き宝石2 ブルーサファイア

色付き_ブルーサファイア
引用元:ハリーウィストン公式サイト
http://www.harrywinston.com/ja/クッションカット・サファイア・リング

ルビーと同等の硬度があるため、手入れしやすく婚約指輪に向いています。環境や処理方法によって輝きや透明度に大きく差が生じるため、購入前に原産地や加熱処理の有無を確認しましょう。色は深みのある青であるほど希少価値が高くなります。気品があり、存在感もあるブルーサファイアは、より個性的でインパクトのある婚約指輪が欲しい人に最適なカラーストーンといえるでしょう。

色付き宝石3 エメラルド

色付き_エメラルド
引用元:ティファニー公式サイト
http://www.tiffany.co.jp/jewelry/rings/round-brilliant-emerald-ring-25865677

エメラルドは世界四大宝石とも言われ、鮮やかな緑色は時代を超え今も多くの人々を魅了しています。天然で傷のないエメラルドは希少価値が高いため財産性もばっちり。婚約指輪に使用されるカラーストーンとして高い人気があります。しかし、希少価値が高いゆえに品質の良いエメラルドは入手が難しく、硬度もやや低めで水に弱い性質があるのが欠点です。

記念に付けたい!誕生石一覧

月ごとに決まっている誕生石には、それぞれが特別な意味があり、日本ではその月に生まれた人の守護石としても人気です。自分たちにぴったりな石と意味を見つけて、2人の将来を幸せに導く思いのこもった婚約指輪を手に入れましょう。

1月「ガーネット」 2月「アメジスト」 3月「アクアマリン」
ガーネット アメジスト アクアマリン
「真実・友愛・忠実」
生産と実りを象徴する石・ガーネット、和名では「柘榴石」とも呼ばれ、結婚18年目に贈ると良いとされています。
「誠実・高貴・希望」
愛の守護石として人気の高いアメジスト。和名では「紫水晶」と呼ばれ、見る角度によって、色が変化します。
「沈着・勇敢・聡明」
別名「天使の石」、澄んだ海のような青色が美しいアクアマリン。幸せな結婚を象徴する石としても有名です。
4月「ダイヤモンド」 5月「エメラルド」 6月「ムーンストーン」
ホワイトダイヤモンド エメラルド ムーンストーン
「不変の愛・清純無垢」
古来より人々を魅了してきたダイヤモンド。その清らかな美しさから、永遠の愛を象徴する石として人気です。
「幸運・幸福」
世界四大宝石の1つであるエメラルドは、クレオパトラも愛した石。希望の象徴とされ、幸運をもたらします。
「健康・富・長寿」
柔らかで可愛らしい乳白色の光沢が夜空に浮かぶ月のように美しい石。和名では「月長石」と呼ばれています。
7月「ルビー」 8月「ペリドット」 9月「サファイア」
ルビー ペリドット サファイア
「熱情・仁愛・威厳」
和名では「紅玉」と呼ばれ、嫉妬や愛への疑念を晴らす石として人気。世界中でさまざまな伝説が残る石です。
「夫婦の幸福・和合」
生命力あふれるオリーブグリーンが美しいペリドット。嫉妬や怒りを鎮めて、夫婦の絆を深めてくれる石です。
「慈愛・誠実・徳望」
神秘的な深い青の美しは、女性に知性的な魅力を与えてくれます。揺るがない心を象徴する石として人気です。
10月「トルマリン」 11月「ブルートパーズ」 12月「タンザナイト」
トルマリン ブルートパーズ タンザナイト
「歓喜・安楽・忍耐」
愛情に満ちた石と言われ、女性から高い人気を誇る石。和名は「電気石」で、マイナスイオンを発生させます。
「友情・希望・潔白」
ギリシャ語で「探し求める」という意味をもつトパーズ。古来エジプトではお守りとして重用された石です。
「成功・神秘・高貴」
青の中にある紫色が神秘的な石、タンザナイト。古代ケルトでは知識を授け、正しい判断に導く石とされています。

引用元:銀座ダイヤモンドシライシ公式サイト
http://www.diamond-shiraishi.jp/brand_service/secret_stone.html

色石のおすすめデザイン

カラーストーンの婚約指輪は、自分らしさや個性を大切にしたい人に最適。シンプルなデザインから独創的なデザインまでさまざまなジャンルの婚約指輪があります。石に込められた意味や豊富なカラーバリエーションも合わせて、自分にぴったりの婚約指輪を見つけることができますよ。

LUCIE ルシエ

ルシエ ネレイド

引用元:ルシエ公式サイト
http://www.lucie.jp/brand/fashion/detail/nereide_rng.html

「ネレイド」

参考価格:73,000円~

海の精霊「ネレイド」をモチーフした気品溢れる「ネレイド」コレクションの1つ。深い海の底にある銀の洞窟に住んでいるという、美しい海の妖精をパールで表現。クロスをモチーフにした脇石デザインが、メインのパールを引き立て優美な印象を与えています。シンプルなのに存在感ばっちり。他とは一味違う婚約指輪が欲しい人におすすめです。

ルシエの特徴

ルシエは洗練されたデザインセンスで、世界でたった一つのオートクチュールな婚約指輪を仕立ててくれるブランド。オートクチュールとは、一人のために作られた一点ものの高級仕立ての服のこと。ルシエではただ一人のために一着一着仕立て上げられる服のように、身につける人の美しさを最大限に引き出すことに力を入れてリングを制作しています。

<<ルシエの指輪を公式サイトで見てみる>>

K.UNO ケイ・ウノ

ケイ・ウノ 永遠の恋人(ミッキー・ミニー)

引用元:ケイ・ウノ公式サイト
http://www.k-uno.co.jp/onlinestore/disney-fashion/mickeylovesminnie345_3397.html

「Mickey Loves Minnie ~永遠の恋人(ミッキー・ミニー)~」

参考価格:476,900円~

「恋人へ贈る特別なプレゼント」がコンセプト。初期デザインのミッキーとミニーをモチーフに仕上げられた可愛いらしいアームデザインが特徴です。メインストーンは「電気石」として有名なピンクトルマリン。マイナスイオンを発生させ心を落ち着けさせるパワーがあるのだとか。ブルートパーズがメインストーンになったドナルドとデイジーバージョンもありますよ。

ケイ・ウノの特徴

年間約4万種類以上のリングデザインを手掛けるオーダーメイドのジュエリーブランド。普遍的なシンプルデザインから独創的なユニークデザインまで、熟練の職人とデザイナーがタッグを組んで理想通りの婚約指輪を仕上げます。ディズニーの胸躍るキャラクターリングも多数手がけ、ディズニー好きから人気を集めるブランドです。

<<ケイ・ウノの指輪を公式サイトで見てみる>>

HARRY WINSTON ハリー・ウィンストン

ハリーウィストン クッションカット・サファイア・リング

引用元:ハリー・ウィンストン公式サイト
http://www.harrywinston.com/ja/クッションカット・サファイア・リング

「クッションカット・サファイア・リング」

世界中の女性たちから愛されているハリー・ウィンストンの「クッションカット・サファイア・リング」。角を丸くした独特のシェイプが、3.62カラットのサファイアをより一層輝かせています。メインストーンのサイドには2つの高品質なダイヤモンドをあしらい、生涯変わらない愛の誓いを表現。深みのある青色が神秘的な存在感を放つ婚約指輪となっています。

ハリー・ウィンストンの特徴

1932年から続く歴史と伝統のあるジュエリーブランド。宝石学者でビジネスマン、慈善家でもあったハリー・ウィンストンがニューヨークで創業して以来、最高級のジュエリーと精巧な高級時計を生み出し続けてきました。宝石の特徴や品質を活かした独創的なデザインで、王侯貴族から世界中のセレブまで多くの人々を魅了してきたブランドです。

<<ハリー・ウィンストンの指輪を公式サイトで見てみる>>